logo

ドメインとは?Webサイトの住所?URLとは意味が同じ?

公開日: 2022年4月5日 

更新日: 2022年5月21日 

まず、皆さんはURL(Uniform Resource Locator)の意味を知っているでしょうか。

現代では、URLという言葉はよくきくので、馴染みのある方も多いのでは無いでしょうか。しかし、ドメインと言われる不安になる方も多いのでは無いでしょか。そこで今回は、ドメインとは何か、URLとの違いを解説していきたいと思います。

ドメインとは?

ドメインは、インターネット上に存在するサーバーの指定に、いわゆるインターネット上の住所として扱われます。

ドメインはWebサイトのURLや、メールアドレスの中で使われています。

WebサイトのURLでは「https://moweeb.com」の「moweeb.com」部分がドメインです。
メールアドレスでは「info@moweeb.com」の「moweeb.com」部分がドメインです。

 

Webサイトでドメインを使用する場合、上記の例だと

https://sample.moweeb.com サブドメイン

https://moweeb.com/sample サブディレクトリ

サブドメインは新たな別コンテンツのWebサイトを立ち上げるというイメージ

サブディレクトリは、既存サイト内の詳細コンテンツのWebサイトを立ち上げるイメージ

 

ブランド力を持ちたいならオリジナルドメイン

オリジナルドメイン(独自ドメイン)を持つメリット

・ブランド(会社)名をドメインにできる

・他に依存しないので半永久的に使用できる

・同じドメインでメールアドレスが作れる

ブランド(会社)名をドメインにできる

wixなどの無料webサイト制作サービスを利用すると、無料で独自のドメインを取ることができるが、wixなどのそのサービス名がドメインに入ってしまいます。

例: sample.wixsite.com

このように、ブランド(会社)名だけではなく、利用サービスがドメインに入ってしまうと、ブランド的価値を損ない、利用する方々にも良い様にはあまり思われないでしょう。

他に依存しないので半永久的に使用できる

上記で言った通り、wixなどの無料ドメインを提供するサービスを利用すると、永久的には使えないと言えます。

というのも、もし利用しているサービス(上記で言うwix)のサービスが終了したとします。すると、そのサービスに属するドメインも使用不可能になります。

同じドメインでメールアドレスが作れ

Yahoo!メールやGmailといった無料のアドレス(フリーメール)を使用してる方も多いのではないでしょうか。しかし、フリーメールでは、あらゆるデメリットがあります。

  1. ブランド力に欠ける
  2. セキュリティ面
  3. データ消滅の可能性

さらに、オリジナルドメイン(独自ドメイン)をメールアドレスで使用する場合、@以前の文字列を変えるだけで、関連性を感じるメールアドレスを複数所持することが可能です。

 

まとめ

ドメインは、インターネット上に存在するサーバーの指定に、いわゆるインターネット上の住所として扱われます。

そして、ドメイン(moweeb.com)はURL(https://moweeb.com)に含まれています。

 

  • RELATED
  • RELATED
  • RELATED
  • RELATED
  • RELATED
  • RELATED
  • RELATED
  • RELATED
  • RELATED
  • RELATED
  • RELATED
お問い合わせはこちら