logo

RGBとCMYKの違いとは?印刷物を扱うために知っておくべきこと

公開日: 2022年5月16日 

更新日: 2022年5月27日 

みなさんは、RGBとCMYKという言葉を聞いたことはあるでしょうか。

印刷物等のデザインをした経験がある方ならば、知ってると思いますが、初めて聞いた方も多いのではないでしょうか。

そこで、本日はカラーモードのRGBとCMYKとは何か、違いが何かあるのかを解説していきたいと思います。

RGBとは?

RGBは、光で色を表現するために用いられる。

光の三原色である赤(Red)・緑(Green)・青(Blue)の頭文字を組み合わせたもので、主にコンピュータやテレビで使われます。

Webサイトや、バナーのデザインを作成するときは、RGBを使います。もし、第三者にコンピューター内で使うデータの制作をしてもらう際は、RGBであることを確認してください。

CMYKとは?

CMYKは、印刷物で色を表現するために用いられる。

色料の三原色と黒を意味する、シアン(Cyaan)・マゼンタ(Magenta)・イエロー(Yellow)・キープレート(Key plate)の頭文字からきています。

CMYKのKとは?

Kは黒を表現するためのもので、先に述べたようにKey Plateの頭文字から来ています。直訳すると「基準となる版」と解釈され、印刷物の輪郭や細部を表現するためにCMYとは別に作られた版(Plate)のことを指します。

最近ではCMYK+Pinkも?

RGBデータからピンクを含む5色に分解しCMYK+Pinkでの印刷を行える印刷会社も出てきました。

RGBで印刷をすると?

RGBのカラーデータで印刷は可能ですが、印刷環境によりますが、印刷用にCMYKにデータが置き換えられることが多いです。しかし、その場合色が著しく変わり想像とは違う結果になってしまいます。

具体的にいうと、全体的に少しグレーが足されるイメージです。

よって、印刷物を作成する、あるいは、作成してもらう際には、必ずCMYKデータであるかを確認しましょう。

まとめ

以上、RGBとCMYKについて説明してきました。カラーモードを間違えてしまうだけで、思い通りの印刷や、思い通りのWebサイト制作等にならないので、データを発注する際、制作する際、よく確認が必要です。

RGB:データで管理するもの

CMYK:実際に印刷等するもの

 

  • RELATED
  • RELATED
  • RELATED
  • RELATED
  • RELATED
  • RELATED
  • RELATED
  • RELATED
  • RELATED
  • RELATED
  • RELATED
お問い合わせはこちら